post by blogger |

おせちをお料理教室で習いませんか?

皆さんは、おせち料理を作ったことありますか?

最近では、おせち料理は買うことがほとんどになりました。

お正月前になると、百貨店や料亭、スーパーなどで、豪華できらびやかなおせち料理を販売していますよね。

見ているだけでお正月気分を味わうことができます。

また、少人数家族用の小さいおせちや、若い世代も食べやすい洋風おせち・中華おせちなどもあるので、選ぶのも楽しいですよね!

でも、おせち料理って本来は年末に家庭で作るもの。

さすがに毎年は難しくても、おせち料理の作り方はきちんと覚えておきたいですよね。

ただ、困るのが誰に教えてもらうか。

母親たちも仕事や家事で忙しいために、すべてを一から作っている人は少ないのではないでしょうか?

それなら、今年はお料理教室でおせち料理の作り方を習ってみませんか?

日本料理の講師が、田作りや数の子、栗きんとんや黒豆、昆布巻きや金平ごぼうなど、おせちに入る基本の具材の作り方と意味を丁寧に教えてくれます。

正月料理の始まりや作法、重箱への詰め方も詳しく教えてくれるので、今まで知らなかった日本文化についても触れることができます。

自分でレシピ本を見て覚えるのも良いですが、おせち料理は難しいものも多いため、初めてだとどうしてもうまくいかないことがほとんど。

きっちりと基礎を学ぶために、お料理教室に通ってみましょう。

参考サイト⇒おせち料理を考えてみる